気・血・津液き・けつ・しんえき 全身調整の鍼

気・血・津液き・けつ・しんえき」とは

東洋医学では、「気・血・津液」の三要素が生命活動を行っていると考えられ、人間の身体において大変重要なものです。
一般的な言葉の解釈とは異なるため、現代風にわかりやすく当てはめて言うならば…

  • 「気」は、飲食物より取り入れた栄養素と空気(酸素)を合わせたエネルギー物質
  • けつ」は、脈中を循環する血液で全身を栄養する働き
  • 津液しんえき」 は、体内の正常な水分のすべて(汗、涙、唾液、胃液、関節滑液、尿etc.)で、体内組織を潤す働き

身体の不調の多くが、「気・血津・液」の偏り(過度な増減)や流れの滞りといった問題より生じていると考えられています。

当院では、「気・血・津液」の働きを整えることで、様々な身体の不調を改善し、健康的な生命活動を維持する「未病治」(病になる前から、原因となりそうなものを先に治す)を目指し施術致します。

滅菌パック個装から、使用時に取り出します

滅菌パック個装から、使用時に取り出します

髪の毛より少し太い程度の鍼が体表から2、3ミリ身体に入ります

髪の毛より少し太い程度の鍼が
体表から2、3ミリ身体に入ります


気・血・津液き・けつ・しんえき 全身調整の鍼治療の流れ

1. 施術前

初診では、東洋医学専用カルテにご記入いただき、問診で詳しくお身体の具合をお伺い致します。

検温と血圧測定を行い、患者さまの平常値を確認致します。


2. 施術準備

患者さまには脱衣していただき、多くは仰向け寝の姿勢から施術をスタート致します。


3. 切診せっしん

切診とは、脈を診たり腹部に手を当てて診ることで、東洋医学的に診察を深めます(脈診・腹診)。

脈診:左右の手首に配当された「臓・腑」の脈を同時に診て比較判断します
脈診:左右の手首に配当された「臓・腑」の脈を同時に診て比較判断します

4. 施術開始

施術前の診察に基づき、立てた治療方針で進めてまいります。

仰向け寝において、鍼施術を全身に施します(手・足・腹部etc.)。

鍼は身体に2,3ミリ(切皮)程度で留めます。

その上から施術用大判タオルをかけ、数分から十数分安静にしていただきます(置鍼ちしん法)。

時間が経ち施術によるお身体の変化がみられたら、すべての鍼を抜きます(抜鍼)。

仰向け寝での治療のイメージです
仰向け寝での治療のイメージです
仰向け寝での治療のイメージです
置鍼(ちしん)中は全身をタオルで覆います
置鍼中は全身をタオルで覆います

5. 施術うつ伏せ寝

うつ伏せに姿勢を変えていただきます。

仰向け同様に鍼施術を全身に施し、お身体の具合をみて抜鍼します(頸・肩・腰背部・足etc.)。

うつぶせ寝での治療のイメージです
うつぶせ寝での治療のイメージです
うつぶせ寝での治療のイメージです
うつぶせ寝での治療のイメージです

6. 身体の具合に応じて更に施術

更に横寝や仰向け寝に戻るなどして、患者さまのお身体の状態にあった施術を施します。
身体の部位や状態に応じて、鍼を深めに刺す手技を加える場合もございます。
身体の冷えなど必要に応じて、灸治療などのオプション治療をご提案させていただき、同時に施術いたします。
※ 詳細は「お悩み別オプション治療」参照


7. 仕上げの施術とお身体の確認

上体を起こし、ベッドに腰かけた姿勢で最後の調整を鍼で行います。
鍼をツボに刺してはすぐに抜鍼していきます(短刺術)。
気になる症状の具合などを確認し、施術を終了致します。
必要に応じて置き鍼(円皮鍼)やテーピング等の処置を施す場合もございます。
※ 詳細は「お悩み別オプション治療」参照


8. 施術終了後

着衣を済まされたら、お会計、次回のご予約などしていただき、終了致します。
まれに、お身体の状態により、病院への受診(検査や診断)をおすすめする場合がございます。
医師の診断や治療方針を聞いた上で、当院での鍼治療のご継続を相談して決めるかたちになります。


気・血・津液き・けつ・しんえき 全身調整の鍼 料金について

施術料金:5,000円 + 鍼 材料費:300円(1時間~1時間半程度)
初診料:1,500円(プラス 30分程度)


※ほか、「お悩み別オプション治療」参照

気・血・津液き・けつ・しんえき 全身調整の鍼 Q&A

Q施術にかかる時間は?
A施術時間は1時間~1時間半程度いただいております。
初診患者さまに関しては、お身体を詳しく診察させていただく都合上、1時間半~2時間程度お時間をいただきます。
余裕を持ってお越しください。
Q脱衣はどこまで?
A全身治療を皮膚から直接施すことになりますので、下着以外すべて脱いでいただいております。
施術を施す時以外は、施術用大判タオルをかけて全身を覆うようにしております。
患者さまご持参で、ショートパンツなど履いていただくこともしております。
脱衣に問題がある患者さまは、事前にご相談ください。
Q治療へ通う頻度は?
A患者さまのお身体の具合によりますが、週一回から隔週程度での治療をおすすめしております。
急性症や症状が重篤である場合には、短期間に重ねて治療を要することもございます。
疲労回復や予防治療がメインの場合には、患者さまのご都合に応じ治療の間隔が空くことも考慮し施術しております。
詳しくは直接ご相談ください。

ご予約・お問合わせ

診療時間:午前9時~12時/午後2時~6時(不定休)

お電話(048-211-1382)か、下記の入力フォームをご利用ください。時間外診療も承ります。お気軽にご相談ください。

メモ: * は入力必須項目です


アクセス & MAP

電車&バスでお越しのご案内

  • 埼玉高速鉄道線:新井宿駅よりバス約5分、バス停:神根小学校 下車
  • JR京浜東北線:川口駅 西川口駅 蕨駅よりバス約20分、バス停:神根小学校 下車
  • JR武蔵野線;東川口駅よりバス約20分、バス停:神根支所 下車

※JR線でお越しの方、タクシーご利用の際は武蔵野線 東浦和駅(最寄り駅)をおすすめ致します。


車でお越しのご案内

はじめてお越しの方は、「グリーンセンター」という川口市 市営の植物園を目印にお越しください。

当院は、「高速 東京外環自動車道」と「国道298号線(外環道)」が走る南側、「国道122号線」が走る西側、「埼玉県道1号線(第二産業道路)」が走る東南側に位置しています。

「神根小学校」と「道合交番」の間にある小道を南下すると、すぐ左手に当院がございます。


ガレージ壁面に付いたメイン看板です
ガレージ壁面に付いたメイン看板です
ガレージ横の表札下インターフォンを押してください
ガレージ横の表札下インターフォンを押してください
最大4台停められる駐車スペースがございます
最大4台停められる駐車スペースがございます

看板を目印にお越しください

バス停や交番の道にポール看板があります。80メートルほど坂道を降った左手が当院です
バス停や交番の道にポール看板があります。80メートルほど坂道を降った左手が当院です
利豊商事とパラマウントケアサービスの間の道入口に看板があります。120メートルほど登った(途中から登り坂)右手が当院です
利豊商事とパラマウントケアサービスの間の道入口に看板があります。120メートルほど登った(途中から登り坂)右手が当院です
敷地中央の正面玄関が当院入口です
敷地中央の正面玄関が当院入口です